アノードテイマー/カソードテイマー②

長くなったので2つに分けました。

 

〇この作品とアニメ本編を繋げるには

まずこのゲームで何が起きたかについて、ゲーム内では次のように説明されています。

 

・ミレニアモンの登場によってデビモンたちが復活。デジタルワールドやネットワークの時間軸が崩れてもうひとつの世界ができた(アグモン)

・ミレニアモンはデジタルワールドの時をゆがませ破壊した→悪のデジモンを倒し終わっていたはずの冒険が振り出しに戻り、本来倒していたはずのデジモンとの戦いに敗れ子供たちは捕まってしまった。(ゲンナイ)

・突如、デジタルワールドの闇の奥底に出現した暗黒デジモン、ミレニアモン。このデジモンの恐るべき力によって、平和な人間界に戻るはずだった太一やヤマトら、選ばれし8人の子供達は、囚われの身となってしまった。(ゲームの説明書。これだけは説明書つきで買うことができた。)

 私はこれを、1999年の年末に本格的に活動を開始したミレニアモンが、アポカリモンを倒した後の太一たちの前に現れ、倒したはずの悪のデジモンを復活させ子供たちを捕らえたと解釈しました。しかしそうするといくつか矛盾点が出てきます。

 

・太一たちは現実世界での何ヶ月も経過する中、デジタルワールドで捕まっていたことになり、そうなればさすがにニュースになるでしょう。しかし、この作品の冒頭で太一たちの存在はそれほど知られていないことが明らかになっています。

・次に、デジタルワールドと現実世界は一応別の世界ですので、1999年の年末にデジタルワールドだけの時間をアポカリモン戦直後まで巻き戻したとします。すると現実世界にいる子供たちは干渉を受けずにすみます。しかし、この作品で救出され現実世界に戻った子供たちはどうなるのかと言う疑問が生まれます。

・復活したデジモンの中にヴァンデモンがいたがヴァンデモンは現実世界で敗れ(39話)、しかも生きている(02-48話)。

 

 このゲームでの出来事はミレニアモンが過去に介入したことでできたパラレルの世界での出来事にしてしまえば一番つじつまが合う気がします。

 しかし、できるだけアニメにつながるように考えたいです。そこで次のような解釈をしてみました。

・1999年大晦日にミレニアモンはその時に生きているデジモンを除いた、デジタルワールド(地形や環境など)の時を巻き戻した。従って夏の冒険で死んだデジモンは死んだままで、生きてたデジモンたちの記憶はそのまま残る。また、どれくらいまで巻き戻したかはわからないが、ファイル島とサーバー大陸が存在する。さらに、かつてのボス級デジモンをミレニアモン自身が作り出した(この能力はブレイブテイマーで使用している)。ミレニアモンが作ったため、ボスデジモン達はミレニアモンを敬った発言をしているのだと思われる。そして異常を感じたデジタルワールドの安定を望むものが再び太一たちを呼び寄せたがミレニアモンに負けてしまう(あるいは02の映画のチョコモンのようにミレニアモン自身が呼び寄せたのかもしれませんが)。そして、遼とミレニアモンの戦いが始まる。また、ゲームでは救出された子供たちはパートナーを遼に託し現実世界に戻りましたが、アニメ版をみると捕まっている仲間を残して帰るような性格ではないので、実際は一緒に戦ったのでしょう。また、ゲーム中でコウシロウとミミが現実世界に返った後、ゲンナイがテントモンとパルモンは彼らのデジヴァイスの力でこの地にとどまっていられたと言ってたのもどういう意味かになります。

 

まだまだ矛盾点はありますが、これが私の限界です。そもそもタイムパラドックスをうまく説明すること事態が不可能ですし。

 

追記:Triではリブートによってデジタルワールドを巻き戻したり、現実世界で死んだデジモンを含んで復活させるという方法が出てきました。ミレニアモンもリブートに近い方法を使ったのかもしれません。ただし、こちらはデジモン達の記憶はちゃんとあるという大きな違いがあるので、今後要検討。

 

 

 ちなみにこの作品では本編に先駆けて、ディボロモンやオメガモンなんかが登場し、他にも今では有名なデジモンの中にはここで初登場となったデジモンがいます。ディアボロモンのデザインが今と違ってたり、オメガモンがガルルグレイモン(追記:ヴァリアブルや図鑑ではオメガモン表記になるらしいですが検証はできません)という名前だったりしますが。個人的には面白いと思ったので興味のある人はぜひと言いたいところですが、データが消えやすいですし、今では手に入らないデジモンがいるので強くはお勧めできません。