本編以前の出来事について

 今年も8月1日がやってきました。

 前から中途半端に放置してた分をいい機会だと思って(8月1日に合わせ無理やり)書き上げました。なので自分でも後で見返したらおかしなことを書いてると思うので、そのとき修正します。

 

  今回は、デジモンアドベンチャー以前の出来事、つまり1999年8月1日以前の出来事についてということになります。4章で先代の子供たちが出てきたシーンを見て疑問に思ったので少しまとめてみました。

 

 ○アニメ本編中でわかっていること

 1995年に光が丘の事件が起きる→その時のデータを基に紋章やデジヴァイスがつくられる→ピエモンの襲撃により紋章とタグが奪われる。テイルモンのデジタマがはぐれる。(45話)

 

その後の詳しい時系列は不明です(個人的な予測ではアルファベット順になると思います)。

A.紋章がサーバー大陸にばら撒かれる

B.デビモンがタグを海底のコンビニにまとめて封印(14話)

C.テイルモンとウィザーモン、タグをめぐりオーガモンと争う(ドラマCD)。(2匹はヴァンデモンの命令で紋章を探していた)

D.ヴァンデモンが光の紋章とタグを手に入れる。

 

Cについてですが、

1.オーガモンが持っていたのがタグだけなのか紋章入りだったのか

2.14話のコンビニと同一なのか

3.タグの個数

が不明です。

 1.についてはタグとしか言われていなかったり、紋章を探しているはずなので、紋章はサーバー大陸にばら撒かれた後だと思います。最後に海に沈んだことやデビモンが海に沈んだのをまた封印するというのもおかしな話なので、やはりデビモンが隠したタグをめぐる話だったのだと考えます。

 そもそもタグ&紋章を探せという意味なのか、紋章の石版を探せという意味なのかについてですが、紋章とタグが分離した後に、ヴァンデモンが1つだけタグを手に入れ、そこに入るいずれかの紋章を探すというのが使命だったのだと考えます。後に、コピーとはいえ紋章を渡された時の様子(29話)から、紋章入りタグを見たことがある可能性も高そうです。ドラマCDの時点では紋章入りのタグを見たことはなく、デビモンが封印した7つのタグを巡る出来事なのでしょうか。そして、その後光の紋章を見つけたと。

 ただドラマCDではタグをコンビニ外に持ち出していたのに14話ではコンビニ内にあったりします。また、ヴァンデモンは本物の光の紋章とタグを所持していましたが、どの時点で他のタグとはぐれたのかは謎です?(45話の回想ではピエモンが一括で持っていたはず)。ですからCの出来事の後にタグをヴァンデモンが1個だけ回収し、残りのタグをデビモンが封印しなおした可能性だってあります。Cのときにコンビニは海に沈んだようですし。

 いろいろ考えたけどわからない、といういつもの結論。

 

 

四聖獣とダークマスターズについて

 4章でダークマスターズに追い詰められ、先代の子供たちのパートナー(完全体)が四聖獣に進化していました。小説版でもポカリモンを封印(アニメでは倒した?)した後でかつての子供たちのパートナーが四聖獣に進化したという記述はありました。(4章の回想時に四聖獣になったということは、それ以前に完全体でアポカリモンと戦ったということになりますが・・・)。

 一応、アポカリモンを封印した子供たちと、姫川たちが画別人の可能性もありますが。

 アニメでは、「長い戦いの末ダークマスターズの4人にそれぞれ封印され、同じころ8人中7人がデジタルワールドにやってきた。7人が一度現実世界に戻った後、スパイラルマウンテンが形成された。」

とチンロンモンが話していました(02-37話)。

 

 最初、四聖獣に進化したのは(デジタルワールドの)大昔で、しばらくはデジタルワールドを守護していたが、後にダークマスターズが現れて長い戦いが始まったのだと思っていました。しかし、4章の回想では、ダークマスターズとの戦いの最中に進化していました。

 4章の回想時点で子供たちは最低5人はいるので1997年以降の出来事でしょう(子供たちの増え方の回参照)。

 

まとめると、

アポカリモンを封印→ダークマスターズが台頭→四聖獣に進化(一時的に撃退)→その後長い戦いの末封印される(1999年の夏ごろ)

という流れになるのでしょうか?

 

ここでいくつか疑問が。

 

・4章回想後、ダークマスターズはどうなったのか?(長い戦いの末の封印なので、あれで終わったとは考えにくい)

→考えられるのは一時的な撃退で、長い戦いの始まりに過ぎなかっったか、4章の回想で完全に倒されたが新たなダークマスターズが生まれたの、どちらかですが、さすがに前者な気がします。

 

・ダークマスターズが誕生したのはいつなのか、歪み(アポカリモン)の影響を得て強大になったのはいつのことか

→もともとダークマスターズとして存在していたが、歪みの影響で四聖獣と戦い、スパイラルマウンテンを形成できるくらい強くなったor元は並みの4体のデジモンだったが、歪みの影響で究極体になった。これも前者の気がします。

 

45話回想のピエモンの襲撃がいつなのでしょか?(ダークマスターズや彼らという表現からすでにダークマスターズは存在していたと考えられますが)

 

①ピエモンに襲撃される前にデジヴァイスのいくつかはすでに完成し配られていた場合

アポカリモン封印→4章回想→ピエモン襲撃→四聖獣封印(1999年の夏ごろ)

デジヴァイスは持って逃げたので、デジヴァイスはその後も作られた場合

アポカリモン封印→ピエモン襲撃→4章回想→四聖獣封印

③その他

ピエモン襲撃→アポカリモン封印→4章回想→四聖獣封印

 

話の流れやゲンナイが暗黒球を埋め込まれたことから、消去法で①がありえそうです。

 ただ、45話の回想で、暗黒の力に覆われたときの準備として光が丘の事件での子供たちのデータから、「まず」デジヴァイスと紋章を作成したといわれていました(それも遠い過去の出来事であると)。ですから、これ以前にデジヴァイスや紋章があったかは微妙に思えます。もちろん、デジヴァイスや紋章はすでに作り終えて別の準備をしていた可能性や試作品等はすでにあったという可能線もありますが。

 そもそも4章回想のダークマスターズとアニメのダークマスターズは同一なのでしょうか。もし同一であり、回想シーンが一時的に撃退だったとしたら、その後パートナーの子供たちはどうなったのでしょうか。その辺が今後明らかになればと期待をこめて(現時点での考察を諦め)、待とうと思います。