読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Triの予告シーンを見て

 先日、Triの冒頭のを見ました。その中で特に関心があったのは、やっぱり02組が何かに敗北(?)してるシーンです。

 

その敗北シーン(?)について、どこでどのような状態だったか、以下の4つのパターンが考えられます。

①現実世界で、パートナーデジモンがいない

②現実世界で、パートナーデジモンがいる

③デジタルワールドで、パートナーデジモンがいない

④デジタルワールドで、パートナーデジモンがいる

 

 この映画の時点ではデジタルワールドへのゲートが閉じられてる模様(公式サイト)。

①と②の場合は現在は閉じてしまっているゲートを再び開く可能性を秘めたD3及びその

所持者を狙ったものなのではと考えられます。時系列の回を参照してもらうと、25年後を除くと一番最後の記録は2003年の夏です。また、2003年の春の時点では、世界中に多くのパートナーデジモンを持つ者がいるが、ゲートを開けるのは02組だけのようです。そして、②の場合はゲートは閉じられたが、パートナーは現実世界に残っていたことになります。③、④はデジタルワールドが現実世界との接触を断っている、あるいは断とうとしているのにデジタルワールドにいたために狙われたと解釈できます。

 

 また、02組の中でもタケルとヒカリが無事な理由は何なのでしょう?①か②だとしても、順番に倒されていたことから、次の標的がタケルとヒカリで、今のところは助かっているのではないでしょうか。③、④の場合だとしても、その時タケルとヒカリはデジタルワールドにいなかったから無事と考えることはできます。もうひとつの可能性としては、02の映画『デジモンハリケーン上陸!!/超絶進化!!黄金のデジメンタル』ではタケルとヒカリのD-3がチョコモンに反応したこともありました(大輔たちのは特に無かった様子)。元々デジヴァイスだったのがD3に変化したため何か性質が異なるのかもしれません。そのために、攻撃の対象にならなかったのかもしれません。

 

 そして根本的な話になりますが、そもそもあのシーンはいつの出来事なのでしょうか?もしゲートが閉じる前の出来事だとしたら、だいぶ前に起こったことになるでしょう。4人がいなくなった(と思われる)ことに疑問を持たないはずがありません。ましてや同じ学校に通っているでしょうから。そう考えると最近の出来事だったのかもしれません。しかし、D3には閉じているゲートを開ける機能があり、ゲートが開いていれば通常のデジヴァイスでもデジタルワールドにいけます。それでもTri1章のタイトルからすると、しばらくデジモンと会えなかったようです。だいぶ前に02組がやられて、行方がわからなくなっていれば問題になるでしょう。それとも、02組がやられたことでゲートが閉じたのでしょうか(その場合はタケルとヒカリはゲートを開けないと約束し、何事も無かった?)。

 一応D3でもゲートが開けなかったシーンがありますが(02-13話)、その原因はよくわかっていません。ダゴモンの海の影響なのか大輔の精神状態に問題があった(及川もゲートは開けたがデジタルワールドには行けなかったといっています(02-48話))のかなどいろいろかんがえられます。ゲートの開閉は結局のところデジタルワールド側が決められるが、可能性を断つという意味で02組は攻撃されたのでしょか?

 

 

 書いていて、自分でも何を書いているのかよくわからなくなることが多かったです。実際に最後まで見ればわかるのでしょうが、こうして現在まででわかっている情報から足りない脳みそ使ってあれこれ考えるのも楽しいものです。実際に見れることを楽しみに待ちたいです。

 

追記(11/2)

 02組にあまり触れられていない(と現在のところ思われる)理由に、記憶の改変が行われた可能性はあるのか。かつて光が丘で大きな事件があったにもかかわらずそのことを大半の人が忘れていたり、秋山遼とミレニアモンの戦いをアニメ02でほとんど触れられなかったり(これは整合性や尺の問題だと思いますが)したことから、以記憶操作が行われているのではと以前も考察しました。また、ゲンナイらはデジモン関連の情報を隠蔽するよう工作していたこともあります(02-39話)。

 しかし、今回は記憶の改変がなされたとは考えにくいです。2002年末にデジモンについてはあまりに公になりすぎ、ドラマCDでもその後もデジモンの話題は続いていたそうです。デジタルワールドにいる間ならばデータの存在となり記憶の操作などもできそうですが、現実世界のに住んでいる何十億もの人の記憶を自在に操れるとは考えにくいです。

 ただし、コメント欄にもあるように歴史の改変といった形で、人々の記憶や認識が変わった可能性はあるかもしれません。