選ばれし子供とパートナーデジモンを持つ者の数

 今回は、ディーワンテイマーズの回でも少し触れましたが選ばれし子供たち及びパートナーでジモンを持つ者についてです。選ばれし子供とパートナーデジモンを持つ者との違いはデジモンアドベンチャー02wikipediaを参照してください。

 「2年半の休暇」の中でゲンナイは、選ばれし子供たちは1年でほぼ2倍になっていると述べていたそうです。ということは最初は1995年に2人、光が丘の事件の年なのではと光子朗は推測していました。そこでパートナーデジモンを持つ者の数の推移をおおよそですが以下の表に示してみました。

 

 

総数増加数
1995 2  
1996 4 2
1997 8 4
1998 16 8
1999 32 16
2000 64 32
2001 128 64
2002 256 128
2003 512 256
2004 1024 512
2005 2048 1024
2006 4096 2048
2007 8192 4096
2008 16384 8192
2009 32768 16384
2010 65536 32768
2011 131072 65536
2012 262144 131072
2013 524288 262144
2014 1048576 524288
2015 2097152 1048576
2016 4194304 2097152
2017 8388608 4194304
2018 16777216 8388608
2019 33554432 16777216
2020 67108864 33554432
2021 134217728 67108864
2022 268435456 134217728
2023 536870912 268435456
2024 1073741824 536870912
2025 2147483648 1073741824
2026 4294967296 2147483648
2027 8589934592 4294967296
 

 

 25年後には全ての人にパートナーデジモンがいるとされておりますが、2027年の世界の人口は約80億人と予測されています(※1)。そして、2027年のパートナーデジモンを持つ者の数は単純計算で約85億人であることから、達成できています(人口の増加次第では無理かもしれませんが)。アニメ02の舞台は2002年なのでそれから25年と言われればは2027年になります。しかし「最初に2人」というのは違和感を感じますし、年々倍になるなら「最初は一人」でも問題ないのではないでしょうか。光子朗も自分たちの前に8人はいたはずと推測してましたが、単純計算なら16人いたことになります。1995年に一人と考えると上の表が1年ずれて、全ての人にパートナーデジモンがいるのは2028年になります。ベリアルヴァンデモンとの戦いは2002年12月31日に行われたので、日をまたいで2003年1月1日に決着が着いたとこじつけることもでき、それから25年なら2028年とも考えられます。そのため、以前の時系列・年表では最終回が2027年か2028年か迷いました。

 

 

・先代の子供たち

 アポカリモンとの戦いの前に突如8人の選ばれし子供たちの前にも選ばれし子供たちがいたことが明かされました(53話)。そして小説版では彼らのパートナーが四聖獣となったとされているそうです(※2)。アニメでのシルエットは5人で、パートナーはアグモン、ピヨモン、ガブモン、パタモン、テントモンみたいです。ディーワンテイマーズをプレイしてみるとアグモン→チンロンモン、ガブモン→バイフーモン、ピヨモン→スーツェーモンに気がしますが、シェンウーモンは謎です。一方「デジモンミステリーファイル・千年の封印を解け!」では、ガブモン→青龍、ゴマモン→白虎、ピヨモン→朱雀、テントモン→玄武、アグモン→黄龍、パタモンは皆のバランスの確認役とされていました。どっちにしてもうまくいかない部分が出てきますし、そもそもシルエットなので人数やパートナーは確定ではないのかもしれません。

  現段階では情報が少ないので、そのうちもっと詳しい情報が出てくるのを期待して、気長に待ちたいと思います。

 

 

 アニメでは「異物」や「必要」という単語を何回か聞いた気がします。子供たちとパートナーデジモン達という小さい視点では、互いはかけがえのない存在でした。しかし現実世界とデジタルワールドという大きい視点で見ると、本編中のほとんどで互いは異物の存在でした。デジタルワールドが必要としている時は子供たちも滞在できましたが、必要とされなくなると滞在ができなくなると考えられていました(13話、54話、02-22話)。現実世界側もデジモンがいると異常気象や電子機器への障害が発生し、コロモンもデジモンは現実世界にいてはならないといっていました(21話)。

 また、アニメ無印の出来事以来各国の軍や諜報機関でデジモンやデジタルワールドの研究が行われ始め、デジモンの悪用を恐れたゲンナイらはデータの隠蔽をしていました(02-39話)。デジモンと人間の共生には、互いをよく知るものがそのあり方を皆に知らせる必要があります(ドラマCD2003-春-)。その点で、早くからデジモンと接点があり、デジモンのことをよく知っている・デジモン達からも知られている・冒険で培ったリーダーシップという要素を持った太一が現実世界とデジタルワールドを繋ぐ外交官になったのも不思議ではないですね。

 25年後にはすべての人々にパートナーでジモンができ、デジタルワールドは世界中の人々に認知されるようになり(02最終話)、共存が可能になったことが示唆されています(デジタルワールドと現実世界の行き来も全ての人が可能になったと考えていいのでしょうか?)。タケルが語ったように「そうなるまでの道のりは平坦ではなかった」ことが伺えますし、triでそれが明らかになっていくと思われますので楽しみにしたいです。

 

 

※1 http://www.stat.go.jp/data/sekai/0116.htm

※2 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC#.E6.9C.80.E5.BE.8C.E3.81.AE.E6.95.B5

 

追記(2015/12/26)

2015年2月の角銅博之さんのtwitterに人数についての情報があるというのを見て確認してみたところ、パートナーデジモンを持つ者は1995年の光が丘の事件をきっかけに、1996年から現れ、毎年2倍ずつ増えていったという旨の会話がありました。つまり光四郎が推測してた1995年の最初の2人と言うのは太一とヒカリで、当時の彼らは正式なパートナー関係にはなかったデジモンに接触(ネット環境が整っておらず早すぎる出会いだったとのこと)、このことがきっかけで翌年から正式な選ばれし子供が誕生したということでしょうか。そのことを踏まえて、もう一度表を以下に作成してみました。

 

西暦合計増加数
1996 1 1
1997 3 2
1998 7 4
1999 15 8
2000 31 16
2001 63 32
2002 127 64
2003 255 128
2004 511 256
2005 1023 512
2006 2047 1024
2007 4095 2048
2008 8191 4096
2009 16383 8192
2010 32767 16384
2011 65535 32768
2012 131071 65536
2013 262143 131072
2014 524287 262144
2015 1048575 524288
2016 2097151 1048576
2017 4194303 2097152
2018 8388607 4194304
2019 16777215 8388608
2020 33554431 16777216
2021 67108863 33554432
2022 134217727 67108864
2023 268435455 134217728
2024 536870911 268435456
2025 1073741823 536870912
2026 2147483647 1073741824
2027 4294967295 2147483648
2028 8589934591

4294967296

 

しかしそうすると、02最終回の25年後はやはり2028年になりそうです(向こうの世界の人口がこちらの世界の人口と同じかはわかりませんが)。ちなみに1995年のウォレスや1999年の遼は考慮していないと言うことらしいです。ウォレスのところへデジタマが来たのは1995年だがデジヴァイスを受け取ったのは1996年以降、遼は2000年問題のバグの影響か日付変更線のあたりでは2000年になっていたとかと無理やりこじつけられなくもなさそうですが。